同時に、佐賀の出会いを続行する


私は欺かれないだろう - (笑)
ひとみ

私は最初の日記を書きます。

3連休
楽しい休日に

そうでない人
働いている人

みんな
続行しましょう佐賀の出会い

ひとみも
私は素晴らしい出会いを楽しみにしています
ヨハネ12:23-26には大麦の寓話があります。 (下記参照)

1人のグライ小麦のnはイエスについてです。も佐賀の出会いちろんですが、これは同時に私たちのことだと思います。

小麦の一粒が地面に落ち、殻が壊れて、そこに新しい生命が生まれます。新しい命は新しい大麦となり、多くの果物を産みます。

私たちの試練を通して私たちは生きており、

 

佐賀出会い

 

 

イエスを信じ、イエスを受け入れ、地面に落ちる、私の古いものが終わったとき、私の人生の中でイエスの人生で私の殻が引き裂かれたとき新しい果実を確立する。私はそう思う、と思う。

ルーサーは、佐賀の出会い「神の恩寵を得るために、人間は絶望的に徹底的に絶望しなければならない」と述べている。

ヨハネによる福音書12:23-26佐賀の出会い
イエス様はこう答えました。 「人の子が栄光を受ける時です。
はっきりする。小麦の穀物は地面に落ちて死ぬまで穀物のままです。
しかし、私はたくさんの実を結ぶ。自分の人生を愛する人はそれを失うでしょうが、この世で自分たちの人生を憎む人は、
それはそれを保ち、永遠の命につながります。誰でも私に仕えてくれ、私に従ってください。それから、私はどこにいるの?
ある者が私に仕えます。誰かが私に仕えてくれたら、父は彼を宝物にする。 "

注:このテキストは、個人的な意見の意見に基づいています
それは招待目的やその他のものとは関係ありません。
今日は次のように投稿しましょう。佐賀の出会い

朝の道
聖書の考え366日
小島誠司
ギャラリーから

コメント