撮影を無視された香川の出会い

「ホタル狩り」という用語は、桜狩り=花見と同じです。
あなたが水辺にいて、暗闇の中で光を見つめているなら、あなたの足は確かに無視されるかもしれません。
夏目So石の小説に登場する若者のように考えているなら、さらにww香川の出会い

私は燃えている
(Bas松雄)香川の出会い
松尾atは「Firefly」を「I am fire」と書いています。これは、ホタルの光が再び画像として撮影されることを意味します。

「ほたる」と呼んで「ほた」を思い、ため息のように呼吸する古い方法を読みました。

私が実際に見たちらつきホタルは再リラックスしてリラックス。香川の出会い
「うまく言えない」

 

香川出会い

足首のある6月の鈴鹿の風

香川の出会い
6月に木々の光の中を歩いてもいいですか
(石井るせつ)
石井Ro月(1873-1928)は正岡子規の弟子です。秋田を中心に活動していた俳句。
秋田と東北に旅行したとき、関東から季節の感覚が1ヶ月ずれていると感じました。
6月、関東の5月の雰囲気を想像できれば、「木の光」はさらに爽やかかもしれません。

6月=梅雨=雨。
画像は強いです。
しかし、雨季のない土地には「6月」があります。香川の出会い


6月の女性の遺跡
(石田波吾)香川の出会い
「燃えるシーン。家のある人の内部。壁や天井はありません。あるコーナーでは、空き缶に住んでいたオモダカが、少し女性を飾りました。」

コメント