真夏には貴重だった香川の出会い

これが石田俳句によるこのフレーズの説明です。

このフレーズは、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによるクリスティーナの世界の写真を思い出させます。
6月の焼け跡。
あなたは悲しくて詩を超えて行くことができます。
勇気の形。

美しいもの、いもの、さわやかなもの、悲しいもの、すべてに満ちた世界。
そう思う。

うまく言えません。

六月

6月のドロップはすでに深井
※「Ru水Ru愛」香川の出会い


シーズンは6月(六月/六宮w)
真夏のシーズン
子供の頃の言語は6月に来ます香川の出会い
6月はほとんど雨季です。人々が嫌われる季節です。しかし、雨は貴重な水を稲作にもたらします。山々は緑に覆われ、ホタルが夜に飛び、アジサイとつぼみも美しい6月です。

6月に美しい風を吹きましょう
(正岡志貴)
6月に木々の光の中を歩いてもいいですか香川の出会い
(石井るせつ)

 

香川出会い


6月中旬の赤ちゃんのcoco
(森純男)
6月の愛と自転車の嘘
(橋石)
6月の初めの色香川の出会い
(上田五石)
6月のような旅行や逃亡の準備
(鈴木正樹)
6月の女性の遺跡
(石田波吾)香川の出会い
(白bat芝)
6月の花嫁は白くなります
(戸部コミエ)
6月にビーチに人はいません
(星野隆)香川の出会い

真っ白な時間を育てる山星
山星純白の愛は愛に満ちている

季節の言葉は山星の花(やまぼしの花/やまぼうしはな)

コメント