夏には梅酒を飲んだ佐賀の出会い


季節の言葉は梅酒
夏の終わりの季節
子どもの季節は梅焼chu佐賀の出会い
青梅は焼chuに粉砂糖を含ませ熟成させます。加齢は主に夏です。熱に良い飲み物。

私は死後に梅酒を残しました。
(石田波吾)
プラムワインボウルを密封する佐賀の出会い
(福田at)
家事用の梅酒を作る
(安倍Mid女)
スネークブラックハウスから梅酒で酔う佐賀の出会い
(金子陽太)
梅酒作りを終えて猫に来ました
(村山のふるさと)
冷蔵梅酒を運ぶ妻

 

佐賀出会い
(星野龍子)
雨の日には梅酒の色が良くなります
(鳥越すみ子)

代々酒のような春の日佐賀の出会い
(五木なつき)
酒の俳句では、夏海一樹の「トロン」というフレーズはとても楽しく忘れられないものに思えます。
他の酒の俳句を書くときはいつも覚えています。

俳句は実際には「俳句のリバーブ」です。最初は長いフレーズ(57,5)、2番目は短いフレーズ(77)、3番目は長いフレーズ...
シリーズの最初のフレーズ(フレーズ)には、季節の言葉とスローガンを必ず含めてください。
これは後に俳句になりました。
トマト "佐賀の出会い

そのまま赤く売れるトマト

トマト熟したインカの嫁

初恋をとらえるトマト

季節はトマト佐賀の出会い
夏の終わりの季節
子供の言語は蕃茄、赤いライオンです
ナス野菜。起源は南米ペルーです。赤い光沢のある球体は、夏の太陽を連想させます。それは青い果実の時から酸っぱい臭いを発し、完全に熟しており、水分と甘味を含んでいます。冷たく生で食べるのが一番です。ジュース、トマトピューレ、料理などに使用

コメント