佐賀出会いはさまざまな理由で実現しませんでした

佐賀出会いは、文学クラブの文化祭で年に一度出版された小冊子で作品を出版しました。私の佐賀出会いは、大学の文学部に入学して小説を書くことでした。それはさまざまな理由で実現しませんでしたが、私はまだ書くのが好きです。

日記は、

佐賀 出会い

佐賀の出会いは楽勝スレッド

 

フィクションとノンフィクションのミックスです。時系列については気にしません。

 一泊旅行2
「それは私があなたを呼ぶべきものです。」
はぁ、今ですか?
「あなたのような私に電話しますか?」
"…"沈黙。ただ沈黙。面倒なにおいのために線が切れます。気にしません気に入ってください。折草温泉に来ました。もう一度入力して、もう一度パーティション佐賀出会いしてみましょう。
宿の手作りのタオルに立ち、格子の扉に手を置いた。電話してね! …。

コメント