時々、必要となった佐賀の出会い

"家にいる?"
"そう"佐賀の出会い

唯一の動きは、彼女が私の家に来るパターンです。時々それを作ったと言われますが、それを拒否するのは難しいです。
家にいる→空き時間を確認し、月に1〜2回程度。 WiFiもあるので、出し入れも簡単です。私は眠りに落ちますが、一晩泊まらせないでください。

今日はお昼寝をしましたが、その関係は変ではありません。私は夕食を食べると言ったが、まったく空腹ではなかったので、彼女に彼女の好きなカップヌードルとマヨネーズをあげた。

それは家から離れて退屈な毎日のために同じです。時々今回。
 お好み焼きが始まらない佐賀の出会い
お好み焼きの買い物から帰りました。
マヨネーズを買うのを忘れました。
ほとんどなくなっていることを忘れていました。

ぷるる...
「マヨネーズが必要だ」佐賀の出会い
"うん"
「よし……少し買おう」
「待って、持っているなら持っていってください。」佐賀の出会い

 

「そこにはありませんでした。同時に、自分で購入してください。」
「それは……歓迎します。」
 本当に?
「ひま?お好み焼きは食べない?
それはLINEで起こった...

向かいのアパートには、1年以上前に引っ越してきた24歳の娘がいます。
もともとは 出身で、大学に行ったとき、地元を離れて自立しようと思いました。

それは一年前のことで、普段は知らない隣人から突然話しかけられました。
道路に面した住民向けのゴミ箱を開け、鼻をつまんだ。
仕事に来ると反対側から出てきます
「ごめんなさい、少し貸してください。」佐賀の出会い
"どうしましたか"
「ゴミを捨てるとスマホが……」
ゴミ袋をこすり落とすと、箱の底にキラキラのスマホが飾られています。手では届かなかったので、半身でなんとか手に入れました。
「たぶんこれじゃないの?」
倒れた黒い黒助のボスのようなオブジェクトを表示すると、
「ああ!アパートの鍵!」
黒丸に埋もれていて、鍵がかかっていました。佐賀の出会い

コメント