自慢して沈黙する佐賀の出会い

なんとかしたい

この日記の媒体は
私のために
それは行くのに最適な方法です。

 

佐賀出会い
ここまで書く
ふと思った...

私が書きたかったこと
忘れてた ...

佐賀の出会い
「自慢したい」と言います
結局のところ、それがそうです
びっくりしました。

 

佐賀の出会い
私は眠くなっている。
物語が何であったかを考える
夜寝れないわけじゃない...

おやすみ。

いつまでも忘れられない思い出があります。
何日経ってもシーンはいつもドキドキします。
直接幸せではない、または喜びを感じながら幸せであるという感覚。
備考「しまなみ」を再掲します。 2回目です、ご容赦ください。

 


私は暗闇の中で岸壁に行きました。佐賀の出会い

子供を抱いた若い女性が座っていた。
一瞬、闇に溶け込んで素早く現れる静寂。ね...…
たぶん彼は熱に苦しんでいた子供をこじ開けるために出てきた...私はそう思った。

 こんばんは。

 こんばんは。佐賀の出会い


沈黙。
日田日田...ザザン...ピタピタ...さあ...佐賀の出会い
潮の声に包まれました。

コメント