出会いついては誰とも佐賀では議論したくありません

 

出会いやコンビニエンスストアで欲しい商品を手に取る活動に出会うと、手に取っただけの気分になり、微妙に感じることがわかりました。それは簡単です。
私にとって、出会いは受動的であるという強い感覚を持っているようです...いいえ、それは偶然にもたらされました。
たとえば、道路の脇に落ちた石につまずいたようなものです。

出会いが起こるか、何が起こるか、何が起こるか、そしてどこで物事を見るかがすべてです。
ですから、これについては誰とも議論したくありませんし、それ自体は無意味なので興味はありませんが、その人がどのような世界に住んでいるのかを知ることは、あなたの考え方によってはかなり興味深いことです。そこにいるような気がしました。
こんばんは。

 

出会いにいるとき

成熟しているようです(^ _ ^;)

コメント